減税するためのアパート経営

減税するためのアパート経営

減税するためのアパート経営 更地を保有して、活用していない、何にも利用していないという事はありませんか。
アパート経営が節税になると考えたことはありますか。
アパートを建てると軽減の対象となりえるのです。

土地には、都市計画税や、固定資産税土地の固定資産税と税金がかかります。しかし、その二つの税金には特例もあるのです。
住宅が建っていると固定資産税が最大で1/6、都市計画税が最大で1/3まで負担が減ります。

そして1戸に対して軽減される面積が決まっていることも忘れてはいけないポイントです。
アパートやマンションでは、戸数が多いため、一般的な敷地の広さであれば全体が軽減対象です。
集合住宅を建てると最大の軽減を受けやすくなるのです。
戸建てや更地では最大の軽減を受けられない場合も、アパート経営なら可能なのです。

土地に関する問題としては、他にも相続する「家」や「土地」にも様々な問題があります。
親の土地や親戚の土地など、突然土地が転がり込んでくることがもしかしたらあるかもしれません。そこで発生するのが「相続税」です。
相続税の節税方法はできる限り評価額を小さくすることです。

相続財産の評価額から基礎控除などの額を引き、税率を掛けて計算します。宅地として利用しておけば大きく評価を小さくすることもできるのです。
相続する前に、土地をアパート経営として利用しないか、親や親戚と相談することも一つの手です。
有効活用するために、アパート経営を始めてみてはいかがでしょうか。

お知らせ

  • [2016年05月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年05月19日]
    運営者情報を追加しました。